ディクテーション

ここでは、ディクテーションについてご紹介します。

650点突破マラソンの教材では、各ユニットのはじめにディクテーションがあります。

全文書き取るのではなく文章の一部ですが、CDを聞いて、空欄の箇所を聞き取って書くものです。

ただCDを聞いて空欄を埋めるのではなく、空欄の部分が文章全体の構造からみると、どういう部分なのかを意識して書き取ると、文章構造を把握しやすくなるし、何を聞き取るべきかが予め分かっていると、耳が大事な部分だけを拾うように意識できるようになります。

これが出来るようになると、ダイアログを聞いて、その内容の質問に答える問題の時に、何を質問されたか分かりやすくなっていると思います。

例えば、whatで聞かれたら何か目的語とかだなとか、whereで聞かれたら場所を答えるんだなと言った感じです。

英語の文章構造が身についたら、いちいち日本語に訳さなくても英語で理解できるので、理解力も早くなると思います。

ただ空欄を埋めて書き取るだけでなく、問題のポイントとなる部分がうまく聞き取れるようになるのにも役立ててください。

WordPress Themes